jsom
text

オーソモレキュラーは栄養素を使用して治療する分子整合医療です。
JSOM の本部である International Society for Orthomolecular Medicine (ISOM) はカナダ・トロントにあり、JSOM は栄養療法の先駆者であるライナス・ポーリン、エブラム・ホッファー医師等の意思を継いで日本・アジアで活動しています。

 

自閉症への治療の研究、勉強会

各位

12月8日(日)の会場が決定いたしましたのでお知らせ致します。
また、初回モジュールの詳細を更新しましたのでここに改めてご案内致します。

日本オーソモレキュラー医学会
会長  阿部 博幸
理事長 水上 治
ディレクター  北原 健

初回モジュールの案内

text
日時:

2013年12月8日(日) 09:30〜12:30、13:30〜16:30

会場:

主婦会館プラザエフ
〒102-0085 東京都千代田区六番町15番地
最寄駅:JR四ッ谷駅 麹町口(徒歩1分)、東京メトロ 南北線/丸ノ内線 四ッ谷駅(徒歩3分)

 
 

モジュール1 ベーシック プログラム:

09:30〜12:30: ダイエット関連 + その他

  1. 自閉症特有のダイエットの内容説明と推奨方法
    グルテンフリー・カゼインフリー、SCDダイエット
    多くの自閉症家族がダイエットに加えるサプリメント
    (即、処方として開始出来るプログラム)
  2. ご家族に紹介し選択して頂く治療のプロトコール
  3. アメリカのクリニックにて即、提唱される検査の種類とご家族への説明方法

13:30〜16:30: 検査関連

  1. 食物アレルギー検査と対処に関する提案
    (USBiotek社、Genova社、Alletess社)
    アメリカMed MAPS資料の内容報告
  2. デトックス関連検査
    • 毛髪
    • 尿経路排泄重金属・ミネラル検査
    • 便経路排泄重金属検査
    • ポルフィリン検査
    • 赤血球内ミネラル検査
    • 負荷検査の導入プロトコール

    各検査の使用方法:遺伝的要因

    • 環境毒素
    • 生化学経路
    • 対象、どのような人に適応
    • 重金属による症状
    • 利点・制限事項
    • 対処方法,問題の解決方法

    検査は米国最大のキレーション学会ACAMのほぼスタンダートとなっている米国Doctor’s Data社の内容にてプレゼン致します。
    自閉症の医師向け学会Med MAPSはDoctor’s Data社を使用します。

  3. ご家族様から多岐に、詳細にわたる検査結果への内容紹介がありました。医師が逐一対応しなくとも、クリニックのスタッフが返答出来るよう、説明の内容報告。
参加費:
一名 40,000円
毎回、特別に海外講師などおられない場合は40,000円となります。
お支払:
事前に下記口座までお振込をお願い致します。
振込を以って登録と致しますので宜しくお願い致します。
ゆうちょ銀行
記号:10180
番号:63512091
ニホンオーソモレキュラーイガクカイ
講演監修: 阿部 博幸
水上 治
プレゼンター:

北原 健

申込:

日本オーソモレキュラー医学会事務局まで、クリニック名、参加者名、人数をご連絡下さい。
参加費は事前にお振込をお願い致します。
E-mail: info@orthomedjapan.org
Fax: 03-3222-5770
Tel: 03-5876-4511

 

2回目のモジュール2は2月の予定です。
現在、米国Med MAPSの先生の参加(Web上)も決まっていますが、先方の先生との日程を調整中です。決まり次第ご連絡致します。
尚、内容は重金属の毒性とキレーション治療のイントロをMed MAPSの先生に依頼しています。
この他は、腸内・消化器系と自閉症との非常に重要なポイントに触れます。これに自閉症の幼児(2歳)から検討されるキレーションプロトコールになります。