自閉症、こんな治療法があった"Puzzle of Autism" Yasko Japan com ホーム ホーム 主旨 活動内容 医学会概要
 
 
デトックスで治す自閉症

 

ホッファー先生の栄養療法に関する基本情報

 

 

精神疾患へのビタミン療法

 

DAN!自閉症へのメディカル治療

 

ノルディックナチュラルズ

 


エーブラム・ホッファーへの追悼

 

「AVENTURES
IN PSYCHIATRY」

The Scientific
Memoirs of
Dr. Abram Hoffer

 

「How to Live Longer and Feel Better」
Linus Paulin
 
自閉症、こんな治療法があった
 
自閉症へのメディカル治療
 
日本自閉症家族会
 
株式会社デトックス
 
自閉症トピックスブログ
 
エーブラム・ホッファーへの追悼
Dr. ホッファーはカナダ・ヴィクトリアにて短い闘病の後、5月27日永眠されました(91歳)。
長男 ジョン・ホッファー (医師、PhD)


エーブラム・ホッファーは1917年11月11日サスカチュワンの農家で生まれました。寄宿舎で学びサスカチュワン大学(BSA, MSA)、ミネソタ大学 (PhD)、トロント大学 (MD)を卒業しました。彼は精神医学を専門とし、そして長年サスカチュワンの一般健康部門精神病医学研究会のディレクターとして、またサスカチュワン大学の医学部教授を勤めました。多彩な能力は様々な分野で数々の独創的な研究を生み出し500以上のpeer reviewed評論と30冊以上の専攻論文と本を著しました。
彼は統合失調症の脳障害の原因は育ち方に問題があるという従来の考え方に疑問を投げかけ、これがNeuropsychopharmacologyという分野を形作ることに貢献他したのです。そして有名な遺伝学者アーネスト・メイヤーと共に統合失調病の遺伝に関する研究を共同執筆しました。彼と研究し脂肪を低下させるビタミンB3ナイアシンが効果的であることを突き止めました。精神医学の分野で初めて医療の現場で、急性の統合失調症患者に対して、人として重んじ保護し、正しい栄養の摂取、大量の水溶性ビタミンの投与による治療を行いました。この治療は画期的で論争を巻き起こしました。更に、統合失調症の原因とナイアシンとビタミンCが症状を和らげ再発を防ぐ事を説明し生化学の仮定を発展させました。代謝の概念を‘狂気のモデル’として設定し、彼は仲間の研究者と共に、その中でも特に親しい協力者のハンフリー・オズモンド氏と幻覚の特質を研究し、精神療法技術をアルコール中毒治療にも使える治療を見出しました。このアルコール中毒に関する研究はアルコール依存症学会の設立者、ビルWとの友好を深め、彼は統合失調症に苦しむ人のために自立の会Schizophrenics Anonymous(SA)を組織しました。SAの会合ではよく参加者が仲良く“Salutations and hallucinations!"(salutation=挨拶と hallucinations=幻聴・ 幻覚)と挨拶を交わします。彼の仲間で友人のアメリカの化学者、ライナス・ポーリングは、統合失調症の生化学的治療を援護し、サスカチュワンにて統合失調症治療の生化学モデルを研究をさらに進め、多量の栄養素の摂取が脳の障害を改善するという概念を支持する見解を発表しました。これは正常生体分子精神医療Orthomolecular psychiatryを生み出すことになりました。

1976年ホッファーはビクトリアに移り、長年精神医療を行い、ブリティッシュコロンビアのセニア内科医連合の設立者一員となり会長となりました。ホッファーの理論は従来の理論と離れたという観点から批判を受けることもありましたが、症状がよくなった沢山の患者や同僚たちから愛されました。彼の生涯は統合失調所の治療に捧げられ、ゴールは症状を一時的に改善することではなく完全に治癒することでした。彼は息子ビルを1998年、妻を2001年に亡くしましたが、その後は、娘ミリアム(と夫のGuy Ewing)、息子のジョン(妻のYehudit Silverman)、そして4人の孫(Adam, Megan, Joshua, Rebecca)によって支えられ、生涯統合失調症治療の研究に捧げました。ホッファーの希望により密葬となります。私たちはロイヤルジュビリー病院西5の医師達とナース達そして格別のご配慮いただいたジェームズスペンス医師に心から感謝しています。皆様からの御寄付はホッファーによって設立された国際統合失調協会でお受けしています。
原文紹介
IN MEMORIAM ABRAM HOFFER
OBITUARY written by John Hoffer, MD, PhD

Born November 11, 1917 on a farm in Hoffer, Saskatchewan, Abram Hoffer attended a one-room schoolhouse and studied on horseback, eventually graduating from the University of Saskatchewan (BSA, MSA), the University of Minnesota (PhD) and the University of Toronto (MD). He specialized in psychiatry and was, for many years, director of psychiatric research for the Saskatchewan Department of Public Health and associate professor of medicine at the University of Saskatchewan, Saskatoon. In these capacities he carried out groundbreaking research in several areas, ultimately authoring more than 500 peer-reviewed and popular articles and more than 30 academic monographs and popular books.
He challenged the then-dominant view of schizophrenia as a psychological disorder caused by poor mothering, and contributed importantly to the formation of the field of neuropsychopharmacology. He co-authored research on the genetics of schizophrenia with the renowned geneticist, Ernst Mayer. He co-discovered the first effective lipid-lowering agent, the B vitamin niacin. He developed a controversial treatment for acute schizophrenia based on the principles of respect, shelter, sound nutrition, appropriate medication and the administration of large doses of certain water-soluble vitamins, in the process carrying out among the first controlled clinical trials in psychiatry. He advanced a plausible biochemical hypothesis to explain the cause of schizophrenia and how niacin and vitamin C could eliminate its symptoms and prevent relapses. Intrigued by the concept of metabolic "models of madness," he and his research colleagues, notably his close collaborator Humphry Osmond, studied the properties of the hallucinogens and pioneered the use of LSD, which in conjunction with skilled compassionate psychotherapy, was found to be an effective treatment for alcoholism. His work with alcoholism led to a close friendship with Bill W., the founder of Alcoholics Anonymous. He organized a self-help organization for people with schizophrenia, Schizophrenics Anonymous. Participants at SA meetings occasionally exchanged the friendly greeting, "Salutations and hallucinations!" His colleague and friend, the American chemist Linus Pauling, championed the biochemical model for treating schizophrenia that was developed in Saskatchewan and provided a conceptual underpinning for the notion that large doses of certain naturally occurring substances can favorably alter disordered brain biochemistry, coining the term "orthomolecular psychiatry."
Abram Hoffer moved to Victoria in 1976 where he practiced psychiatry for many years, becoming a founding member and president of the Senior Physicians Association of British Columbia. Sometimes criticized from afar for his controversial views, he was beloved by his many patients and close colleagues. He devoted his life to the goal of curing - not palliating - schizophrenia. His son Bill died in 1998 and his wife Rose died in 2001. He is survived by his daughter, Miriam (and her husband Guy Ewing), by his son John (and his wife Yehudit Silverman), and by four grandchildren: Adam, Megan, Joshua and Rebecca. At his request, the funeral will be private. We are immensely grateful to the nurses and physicians on West 2 of the Royal Jubilee Hospital. We are indebted to Dr. James Spence for his thoughtful and compassionate attention. Donations can be sent to the International Schizophrenia Foundation, founded by Abram Hoffer.
Copyright 2014 Japan Society for Orthomolecular Medicine, All rights reserved.